Top > 傷んだ髪の見分け方

傷んだ髪の見分け方

傷んだ髪の見分け方には、大きく分けて3種類あります。とりあえずまず自分の髪を見てみると、見た目でも傷んだ髪かどうかわかることができます。髪の毛先に枝毛が見つかったときは、それは髪が傷んでいるという証拠です。

一旦枝毛ができてしまうと、それはトリートメントでも治すことは不可能で、もう切るしか方法がありません。もうひとつ、傷んだ髪を見分ける方法は、自分の髪を引っ張ってみることです。痛んでいると髪の毛は切れやすくなります。

ツイストパーマやストレートパーマは髪を痛めやすく、何度もかけていると髪を切れやすい状態にしてしまいます。髪は健康であれば、指がすべるようで決して切れたりはしません。最後に、髪を指でしごいてみるのも、傷んでいるかどうか見ることができる方法です。

指でしごくときに髪の根元から、滑らすようにゆっくりと引っ張り、急に手触りが悪くなったり、滑りが止まるとキューティクルが崩れている証拠です。このようにして髪が傷んでいないかいろいろ試してみて、もしひとつでも気になるところがあったとしたら、まずはトリートメントを行うことで髪の回復を待ってみましょう。髪の痛みがなかなか治らないようであれば、そのときは美容院にいくなどして、もっと専門のトリートメントをしてもらうといいでしょう。

 

 動脈硬化  不妊の原因と対策  高血圧の原因と対策
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
髪の傷みの原因(2009年11月15日)
髪のトリートメント(2009年11月15日)
傷んだ髪の見分け方(2009年11月15日)