-髪の傷み 原因と対策

2009年11月アーカイブ

髪の傷みの原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

髪が傷む原因はいくつかあります。まずひとつに、洗髪の際、乱暴な洗い方をすることです。毛髪の表面をおおっている部分で、外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えるのはキューティクルです。

これは摩擦に弱いので、乱暴にシャンプーをすることによってキューティクルが剥がれ落ち、つやがなくなります。次に、無理なブラッシングや、髪が濡れたままのブローです。ブラッシングを無理にしてしまうことも、キューティクルをはがすことになって、髪にはよくありません。濡れた髪は乾いた髪に比べキューティクルがはがれやすいので、髪を守るためにはシャンプー後のブローは、タオルでしっかり水気を取ったあとにしなければなりません。

後、冷暖房に当たりすぎも、キューティクルが剥がれ落ちます。髪が濡れたまま紫外線に当たることもよくありません。パーマやヘアカラーを繰り返すと髪自体が傷み栄養分が全くない髪になってしまいます。髪の痛みの改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが良いと思います。

また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。

 

 歯のホワイトニング  水虫の症状と治療  アクサダイレクトとソニー損保

正しいトリートメントの手順は、まずとにかく先にシャンプーをしっかり行います。洗った後は、よくすすいで泡が残らないようにしなければなりません。次に、トリートメント剤の油分をはじかないようにするため、軽くタオルドライをしたあと、トリートメント剤を手のひらに広げます。表示されている容量は必ず守るようにして、内側からたたくような感じでトリートメント剤を髪につけます。

トリートメント剤が髪になじむよう、しばらくそのままにし、その後やさしくこすらないようにしてすすぎます。トリートメント剤を頭に直接つけることは、毛穴をふさいで頭皮が炎症を起こしたり、細菌が繁殖することにつながるので、避けるようにしましょう。

それに、せっかく頭皮をきれいに洗った後に、余計な油分を与えてしまうことになります。特にダメージがひどい場合の対処法を紹介すると、まずトリートメント剤を髪につけた後、シャワーキャップをかぶり、5~10分ほどおきます。

これはトリートメント剤が髪の内部により効果的に浸透していく方法で、毛髪が温まることでタンパク質の結合がゆるめられるからです。週に2度ほど行うようにすると、その効果を感じるようになるでしょう。それでも回復が見られない方は、残念ながら傷んだ髪を切るしかありません。それから次に伸びた髪を、大切にケアしてあげるといいのです。

 

 美肌サプリメント  葉酸の効果  リンパマッサージの効果

傷んだ髪の見分け方には、大きく分けて3種類あります。とりあえずまず自分の髪を見てみると、見た目でも傷んだ髪かどうかわかることができます。髪の毛先に枝毛が見つかったときは、それは髪が傷んでいるという証拠です。

一旦枝毛ができてしまうと、それはトリートメントでも治すことは不可能で、もう切るしか方法がありません。もうひとつ、傷んだ髪を見分ける方法は、自分の髪を引っ張ってみることです。痛んでいると髪の毛は切れやすくなります。

ツイストパーマやストレートパーマは髪を痛めやすく、何度もかけていると髪を切れやすい状態にしてしまいます。髪は健康であれば、指がすべるようで決して切れたりはしません。最後に、髪を指でしごいてみるのも、傷んでいるかどうか見ることができる方法です。

指でしごくときに髪の根元から、滑らすようにゆっくりと引っ張り、急に手触りが悪くなったり、滑りが止まるとキューティクルが崩れている証拠です。このようにして髪が傷んでいないかいろいろ試してみて、もしひとつでも気になるところがあったとしたら、まずはトリートメントを行うことで髪の回復を待ってみましょう。髪の痛みがなかなか治らないようであれば、そのときは美容院にいくなどして、もっと専門のトリートメントをしてもらうといいでしょう。

 

 動脈硬化  不妊の原因と対策  高血圧の原因と対策
カテゴリー
更新履歴
髪の傷みの原因(2009年11月15日)
髪のトリートメント(2009年11月15日)
傷んだ髪の見分け方(2009年11月15日)
カテゴリー
更新履歴
髪の傷みの原因(2009年11月15日)
髪のトリートメント(2009年11月15日)
傷んだ髪の見分け方(2009年11月15日)