髪の傷み 原因と対策最新の記事

髪の傷みの原因

髪が傷む原因はいくつかあります。まずひとつに、洗髪の際、乱暴な洗い方をすることです。毛髪の表面をおおっている部分で、外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えるのはキューティクルです。

これは摩擦に弱いので、乱暴にシャンプーをすることによってキューティクルが剥がれ落ち、つやがなくなります。次に、無理なブラッシングや、髪が濡れたままのブローです。ブラッシングを無理にしてしまうことも、キューティクルをはがすことになって、髪にはよくありません。濡れた髪は乾いた髪に比べキューティクルがはがれやすいので、髪を守るためにはシャンプー後のブローは、タオルでしっかり水気を取ったあとにしなければなりません。

後、冷暖房に当たりすぎも、キューティクルが剥がれ落ちます。髪が濡れたまま紫外線に当たることもよくありません。パーマやヘアカラーを繰り返すと髪自体が傷み栄養分が全くない髪になってしまいます。髪の痛みの改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが良いと思います。

また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。

 

 歯のホワイトニング  水虫の症状と治療  アクサダイレクトとソニー損保

髪の傷み 原因と対策について

傷んだ髪の見分け方には、大きく分けて3種類あります。とりあえずまず自分の髪を見てみると、見た目でも傷んだ髪かどうかわかることができます。髪の毛先に枝毛が見つかったときは、それは髪が傷んでいるという証拠です。
カテゴリー
更新履歴
髪の傷みの原因(2009年11月15日)
髪のトリートメント(2009年11月15日)
傷んだ髪の見分け方(2009年11月15日)